Instagram プライバシーってどう守る?

前回はInstagramのメリットをお話しましたが、今回は知っておいた方がいいことを書きますね。

みんなのInstagramを閲覧している内に、自分も投稿してみたくなった時、まず考えなくちゃいけないのは投稿を「公開」するか「非公開」にするかです。

「公開」するメリット

(1)世界中の人に写真を見てもらえる

(2)写真をきっかけに友だちができる

(3)「自分」を知ってもらえる

(4)写真や文章の腕が良いと企業の目にとまり案件のスカウトが来る

写真を撮るのが好きな人ならメリットしか無いという感じですが、もちろんデメリットもあります。

「公開」のデメリット

(1)写真を盗作されることがある

(2)個人情報が流出するかも

(3)もめごとに巻き込まれる可能性もあり

ふむふむ。

良い面と悪い面の両方を知ると、自分のアカウントを「公開」にするのか「非公開」にするのか、その答えはすぐに出そうですね。

「私は全然公開してるし、顔出しももちろんOKだわ!」そんなSNSの申し子的な人も、できれば「was」状態で投稿をする方が安心かなと思います。

どんな人が見ているか分からないですからね。

位置情報を載せてリアルタイムで投稿すると、その場にひょっこりと来られる可能性が無きにしも非ず。

それはこわい(>_<)!!!!

ちなみにInstagramは複数のアカウトを取得することが可能なので、公開用のアカウント、非公開用のアカウトを使い分けることもできます。

離れて住んでいる家族や友だちとプライベートの写真を共有したり、連絡を取るために使うには「非公開」がおすすめです。

それではまた書きますね。