【重要】Windows10バージョン2004(20H1) サポート期限終了のお知らせ

2021年12月14日をもってWindows10のバージョン2004(20H1) がサポート終了となります。

Microsoft社のWindowsOSやOffice製品はビジネスに欠かせないものになっています。
Windows10は定期的に大型アップデートの提供が行われ買い換えずに使い続けることができる製品となっていますが、各大型アップデートごとにサポート期限(サポートライフサイクル)が設定されています。

サポートが終了したWindowsやOfficeを使用し続け、危険度の高い脆弱性が新たに発見された場合にMicrosoft社による修正等の対応が期待できず、セキュリティリスクを解消することができなくなります。結果として、脆弱性を悪用した攻撃による情報漏えいや意図しないサービス停止等の被害が生じる可能性が高くなってしまいます。

最近でもOffice 2010においても深刻度の高い脆弱性が発見されました。サポート終了後に新たな脆弱性が発見されると、攻撃者に脆弱性を悪用され、ウイルス感染等による被害につながる可能性があります。

Windows10のバージョンとサポート期限

Windows 10 のバージョンHome、Proのサポート期限
20H22022/05/10 ※サポート終了予定
Version 2004(20H1)2021/12/14 ※まもなくサポート終了
Version 19092021/05/11 ※サポート終了
Version 19032020/12/08 ※サポート終了
Version 18092020/11/10 ※サポート終了
Version 18032019/11/12 ※サポート終了
バージョン 17092019/04/09 ※サポート終了
バージョン 17032018/10/09※サポート終了
バージョン 16072018/04/10※サポート終了
バージョン 15112017/10/10※サポート終了
バージョン 15072017/05/09※サポート終了
Windows7 SP12020/01/14※サポート終了

対応方法は?

Windows10のアップデートを適用することで、バージョンに応じたサポート期限まで延長が可能です。

費用の目安

ご自身で行っていただく場合は費用は発生したしません。
弊社でのアップデートのサポート費用はお客様のご利用状況により変動します。
アップデートのサポートが必要な場合は電話またはネット予約にて申し込みください。

Windows10のバージョン確認方法は?

Windowsのバージョンは以下の手順で確認できます。

1.Windowsマークから「設定」を開きます

2.「システム」をクリックします

3.左側メニューの下の方にある
「バージョン情報」を選択します

4.表示されたバージョン情報から
「Windowsの仕様」のバージョンを確認します
(画像では1909となっています)