PCの自動バックアップ設定

ソフトはBunbackupを利用

初回バックアップ(手動)

バックアップは、すでに運用しているファイルサーバーなどデータが多い場合非常に時間がかかるので、別ソフト(TeraCopy)でデータのコピー作業を行う。こうすることでコピーの状況を確認しやすくなる。エラー発生時の対応もしやすくなる。その後、 Bunbackup側でキャッシュの削除、再構築を行う。

2回目以降のバックアップ(自動)

開始して問題なく差分バックアップが行えるか確認する。差分バックアップはミラーリングをし、コピー元で削除したファイルがコピー先で削除されるようにする。

メール通知

Bunlogmailを使用する。ただし、SSLの利用が不可のため、Gmailでは設定ができない。そのため、利用者のプロバイダーのメールアカウントで通知設定を行う。

朝日ネットの場合
送信メールサーバー:mail.asahi-net.or.jp
ポート:589